どんな動物でもペット保険に加入できる?

ペットとして飼われている動物の種類は犬や猫のように一般的な動物から、小鳥やげっ歯類などの小動物や爬虫類まで多岐に渡ります。
そして、どんな動物であっても病気やケガなどの不測の事態は起こり得ます。
もしもの時に備えるペット保険ですが、ペットとしてメジャーな犬や猫以外の動物も加入することは可能なのでしょうか。

多くの保険は犬猫に対象を絞っていますが、その他の小動物や爬虫類が保険に加入できないわけではありません。
飼っている、もしくはこれから飼おうとしている動物が保険に加入できるか、インターネットなどで調べられるので確認してみましょう。

爬虫類が好きで飼っている、または飼いたいと思っておられる方もいるのではないでしょうか。
中でもカメやイグアナなどは比較的飼いやすいと言われています。しかし、飼育下では長寿になることもある動物です。長生きしてくれるのは飼い主としては喜ばしいことですが、生き物ですので病気になる場合もあります。
爬虫類は診てくれる病院が少ないので、飼うときには診察可能な病院を探しておくとよいでしょう。
併せて、ペット保険への加入もしておけば更に安心です。

うさぎやハムスター、フェレットなどが加入できるペット保険もありますので、特殊な動物だからと諦めずにもしもの時に備えておいてあげましょう。

新着情報

2016年07月06日
  ホームページを更新しました。